肌のはり

肌の分析

はりをもっている肌とは、状態としてどのような感じなのでしょうか。
化粧品のCMなどで見かける女優さんの肌は誰の目から見ても明らかですが、自分の肌になると、はりがあるかどうか判断できている人が果たしてどのぐらいいるのでしょうか。
はりがある肌というのは、弾力をもつ肌と表すことも可能です。

 

空気が抜けてきた状態の風船は、細かいしわができていますが、はりが足りなくなってたるんだ様子はこれと近いものがあります。
過不足なく空気が入っている風船のように弾むような肌のことをはりがあると言い表すのです。

 

その上乾燥していない点も大事で、しっとりした肌であるということも重要です。
デパートの化粧品売り場などで肌のはりを確認してくれる場合がありますが、自分でもできる方法があります。
肌のはり具合を確認する方法は、鏡の前で左右の手の親指を左右の耳の付け根にあるくぼみに置いて、両手で頬を覆うようにしてください。

 

頬にある手で肌を外側に引っ張るようにした場合、目元のしわを発見したらはりが減っていることを示しています。
また、うるおいを調べる方法は、はりの状態をみたときのようにまずは手で顔を覆い、手を少しずつ離しながらやっていきます。
このとき手のひらと肌がくっついている感触があれば、うるおいが備わっていると判断できます。
逆に、すぐに離れてしまうようなら乾燥して潤い不足だという印なのです。

 

手の甲を使って肌に弾力があるかどうかが分かる方法もあります。
手の甲の皮膚をつまむようにしたとき、すぐにつまめて引っ張ることが可能なら弾力性がなくなってきていると言えます。
このように、様々なやり方を用いて肌がどのくらいはりがあるかを調べることが可能なのです。
調べてみて自分の肌を理解した後は、急いで手を打つようにしましょう。